水圧転写

  • HOME
  • 水圧転写

水圧転写(3次曲面印刷)は、水溶性フィルムにグラビア印刷された様々な図柄を、プラスチックや金属などの素材に転写印刷する技術です。
丸山コーポレーションでは、サイズ-幅600mm×長1,200mm程度の量産加工ラインを保有しております。水圧転写加工後、塗装工程まで一貫して行えるラインのため、ワンストップでのサービス提供が可能となります。

技術紹介

水溶性フィルムにグラビア印刷で柄を印刷。
そのフィルムを水の上で膨潤させ、対象物をそこに沈めていき、柄を対象物に転写印刷します。

  • 水溶性フィルムにグラビア印刷をします。
  • フィルムを水に浮かべ、活性剤を塗布します。
  • 対象物を沈め、水圧転写します。
  • 不要なフィルムを除去、洗浄します。
  • 熱風乾燥します。
  • トップコートをします。

製品事例

カモフラージュ柄水圧転写

カモフラージュ柄水圧転写

米国Jordan Outdoor Enterprises社のREALTREE®柄の加工ライセンス契約を結んでおり、各種製品に対するカモフラージュ柄の水圧転写加工が可能です。

自動車用内装部品

自動車用内装部品

各種自動車の内外装部品への水圧転写を行っております。木目柄のほか、カーボン調柄、石目柄、抽象柄などの転写が可能です。

家電製品

家電製品

エアコンの外装部品に、木目柄等を水圧転写することで他の製品との差別化が可能です。

モーターサイクル

モーターサイクル

モーターサイクルの外装部品への水圧転写が可能です。カーボン柄や木目、カモフラージュ柄等を素材表面に転写し、意匠性を高めることが出来ます。

page top